エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラ 『20周年記念定期演奏会』

2017年5月16日 Posted in コンサート情報

20170402_echo_096.jpg

今年度のエコーメモリアル・チェンバー・オーケストラの定期演奏会はひこね市文化プラザエコーホールが満席になるほどたくさんのご来場に恵まれ、素晴らしい演奏会となりました。
ご来場の方々、広告協賛をいただいた多くの企業様、個人協賛者様にあらためてお礼を申し上げます。
来年もよろしくお願いいたします。

【Webアルバムはこちら】

◆彦根の音楽家を支援する会: ブログ
◆彦根の音楽家を支援する会: 活動報告

Echo2017_Sponsers.png

彦根の音楽家を支援する会 第8回演奏会

2017年3月28日 Posted in コンサート情報

20161217_HikoneSolisten_042.jpg

彦根の音楽家を支援する会 第8回演奏会

年末の12月17日、佐和山の麓の清凉寺で彦根の音楽家を支援する会第8回演奏会として、『彦根ゾリステン年末コンサート at 清凉寺 - 冬景色とバロック音楽 - 』が開催されました。
この時期にしては寒さも少しゆるんだ中、たくさんのご来場をいただくことができました。

「彦根の音楽家を支援する会」のブログで12月17日の『彦根ゾリステン年末コンサート』の様子をレポートしています。

彦根の音楽家を支援する会 第9回演奏会

2017年3月28日 Posted in コンサート情報

20170225_seiryoji_014.jpg

彦根の音楽家を支援する会 第9回演奏会

2017年2月25日(土)14:00開演で彦根・清凉寺で第9回の演奏会『早春のいぶき - エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラメンバーによるバロック・コンサート』を開催いたしました。

4月2日に開催される20周年記念定期演奏会のプレコンサートということで、いつもの若手演奏家中心から趣を変えてベテラン演奏家による大人の演奏を聴かせていただきました。

「彦根の音楽家を支援する会」のブログで2月25日の『第9回演奏会』の様子をレポートしています。

高岸卓人ヴァイオリン・リサイタル

2015年3月31日 Posted in コンサート情報
20150329_1stConcert_in_Smith.jpg 20150329_smith005_s.jpg 3月29日(日)14時から彦根城外堀沿いのスミス記念堂で、エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラの高岸卓人のヴァイオリン・リサイタルを開催しました。 会場のスミス記念堂は一見お堂のような和風建築のキリスト教会で、ヴァイオリンなどの室内楽には良い響きを持ったホールです。 【Webアルバム】 当日は、朝からあいにくの雨模様で開場時刻の13時半頃もかなりの雨量でしたが、それにもかかわらずたくさんのお客様にご来場いただき、満席となりました。 ご来場の皆さまにあらためて御礼申し上げます。 【演奏曲目】 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第 3 番ホ長調より ガヴォット J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第 1 番ト短調 ピアソラ:タンゴ・エチュードより 第 3 曲 イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第 3 番「バラード」 琵琶湖周航の歌(アンコール曲) 良い雰囲気の中、演奏者もとても気持ちよく演奏できたようで、素晴らしいコンサートになりました。 来週4月4日に控えたエコーの定期演奏会では、高岸卓人が初めてのソロを演奏させていただきます。ぜひ、彦根会場、大津会場にご来場ください。お待ちしています。

プレコンサート in 滋賀大講堂 2014/3/1

2014年3月 1日 Posted in コンサート情報
20140301_echo_pre_ShigaUv_002.jpg 【Webアルバムはこちら】 今回は期待以上にたくさんのご来場を賜り、素晴らしいコンサートになりました。 雰囲気がある大正時代の建物である滋賀大講堂は、ほどよい響きを持ったホールで、ヴァイオリンとピアノによるプログラムにぴったりでした。 ヴァイオリンの高岸さんが地元出身ということもあるのか、演奏者だけでなく、オーディエンスも一つになって音楽を作り上げているような良い雰囲気のコンサートになり、アンコールも二度。 お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。 20140301_echo_pre_ShigaUv_001.jpg 大久保市長もご夫妻でお見えになるというサプライズ。 写真撮影にも快く応じていただきました。 ありがとうございました。 15日はいよいよ文プラでの定期演奏会です。 たくさんのご来場をお待ちしています。

ヤロスラフ・トゥーマ 大嶋 義実 チェンバロ&フルートデュオ コンサート in 滋賀大講堂

2014年2月 8日 Posted in コンサート情報
20140203_Shiga_uv_concert_000.jpg 滋賀大学経済学部の講堂は、登録有形文化財建造物である大正時代建築の由緒ある建物です。 3月1日には、エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラのプレコンサートを予定していることもあり、2月3日(月)に開かれた「チェンバロ&フルートデュオ・コンサート」を聴いてきました。今回で4回めとなり、演奏者のお二人もこの講堂を大変気に入っておられ、ここでの演奏を楽しみにされているということでした。 残念ながら、フルートの大嶋さんが手を怪我されたため、急遽お弟子さんである森本英希さんが参加され、若干プログラムも変更されたようでしたが、非常に高いクオリティの演奏を聴かせていただきました。 今回の演奏会の特徴は古楽器へのこだわりで、フルートは17世紀当時の楽器を再現した木管・6穴の、現代の楽器とは見た目も音量も全く違うものでした。チェンバロも弦をひっかく爪の部分に通常用いられる樹脂製のものではなく、白鳥の羽の軸を用いているとのこと。さらに、フェルメールの絵画にも描かれている「リュート」が加わり、バロック期の楽器だけによる演奏。 見た目も講堂の雰囲気とマッチして、美しい音色を楽しむことができました。 また、大嶋さんは軽妙な語り口のMCで場を盛り上げられ、古楽器と現代の楽器の違いや、当時の音楽の時代背景と古楽器の関係などもわかりやすく説明してくださいました。 曲目は、チラシの引用文にもあるように、バッハの「裏メニュー」とも言うべきナゾの楽曲の数々。バッハがどの楽器を想定して作られた曲なのかわからないという曲をチェンバロ&フルートの演奏とリュートだけの演奏での比較も聴かせていただき、趣向を凝らした楽しいコンサートでした。 いずれ第5弾のコンサートもあると思いますので、また来たいと思います。
日時: 2014年2月3日(月) 開場18:30 開演19:00 会場: 滋賀大学経済学部講堂(彦根市馬場1-1-1) ♪ オルタナティヴ バッハ ♪♪ ~もうひとつのバッハを聴く~ ♪♪♪ roslav T.MA & Yoshimi OSHIMA 音楽の父バッハはヴァイオリン一艇のみによる独奏曲から大規模な管弦楽、合唱を含む受難曲まで、あらゆるジャンルの作品を数多く残しました。 1000 を越えるその膨大な数ゆえに、なかには本当に本人の作品かどうか疑わしいものまであるようです。 また、バッハの作品であることに間違いはないものの、いったいどの楽器によって弾かれることを想定して書かれたのか、今となっては判然としない作品も残されています。 今回はチェンバロ、フルートに加え、バッハの時代を象徴する楽器リュートを加え、同じ楽曲を違う楽器で演奏するなどバッハのちょっと変わった横顔に光をあててみます。 PROGRAM J.S. バッハ : フルートと通奏低音のためのソナタハ長調BWV1033 : パルティータ イ短調 BWV1013 : 組曲ハ短調 BWV997 ほか チェンバロ :ヤロスラフ・トゥーマ リュート :井上 周子 フルート、解説:大嶋 義実

2014年3月1日 定期演奏会プレコンサート

2014年1月17日 Posted in コンサート情報

20140301_pre_concert_shiga_uv_R.jpg

チラシPDFデータ: 20140301_pre_concert_shiga_uv.pdf

日時

2014年3月1日(土) 13:30開場、14:00開演

場所

滋賀大学経済学部講堂(彦根市)

マップ(臨時駐車場がございます) :
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=213066872179492167614.0004f0b92646036a88f57&msa=0&ll=35.276211,136.248579&spn=0.00988,0.016415

出演

ヴァイオリン 高岸卓人
(滋賀県彦根市出身、東京芸術大学大学院在学中)

ピアノ 小塩真愛
(大阪府出身、東京芸術大学大学院在学中)

プログラム

1.モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調より 第1楽章

2.テレマン:無伴奏ヴァイオリンのためのファンタジーより 第7番変ホ長調

3.山田耕筰:母の子守歌、からたちの花

4.クライスラー:前奏曲とアレグロ

料金

全席自由 500円 (前売・当日共)

問合せ

090-8791-4470 中川

【レポート】グリム童話とビオラ、チェンバロ、フルート三重奏の集い♪in一圓屋敷

2014年1月 6日 Posted in コンサート情報
20140104_taga000.jpg 【Webアルバム】 お正月の午前中で何かとお忙しい時にもかかわらず、たくさんの方が多賀里の駅に集まって下さり、会場は満席。 グリム童話の語りとヴィオラ、チェンバロ、フルート三重奏によるバロック音楽のコラボがそれぞれの良さを引き出して、山あいの古民家の畳の上という西洋音楽とはおよそミスマッチな場に、とても心地よい空間ができ、ゆっくりとした時間の流れを感じることができました。 プログラム終了後は、お越しいただいた方々に地元の産品を使ったおかゆや善哉が振る舞われ、身も心も暖かくなってお帰りいただきました。

【プログラム】

J.Ch.Pepusch (1667-1757)
Triosnate e-moll -Adagio -Allegro
七羽のカラス(語り)
J.S.Bach (1685-1750)
Sonata for Viola da Gamba und Klavier D-dur BWV1028
J.B.de.Boismortier (1689-1755)
Suite G-dur Op.35-2 -Prelude -Bourree
賢いグレーテル(語り)
-Musette en Rondeau
G.P.Telemann (1681-1767)
Methodischesonate g-moll(e-moll) No.1 TWV41:g3 -Adagio -Vivace -Grave -Allegro
灰かぶり(語り)
J.M. Leclair (1697-1764)
Triosonate No.8 D-dur Op.2 -Adagio -Allegro

プロフィール

廣岡由紀子(トラベルソ・フルート)
京都市堀川音楽高校卒業後、渡独。モダンフルート科にてリヒャルト・シュトラウス音楽院、ミュンヘン国立音楽大学卒業。バロック・フルート科ではミュンヘン国立音楽大学を経てフランクフルト国立音楽・舞台芸術大学大学院卒業。
小林祐香(チェンバロ)
東近江市出身。滋賀県立石矢魔高校音楽科(ピアノ専攻)を卒業後、渡独。ライプツィヒ音楽大学ディプロム、マスター課程修了。チェンバロを長瀬貞子、エリック・L・ケリー、トビアス・シャーデ、ニコラス・パールに師事。
田中瑤子(バロック・ヴィオラ)
彦根市出身。県立河瀬高校、同志社女子大学音楽学科(ヴィオラ専攻)を卒業後、渡独。現在、フランクフルト国立音楽・舞台芸術大学大学院にてバロック・ヴィオラをはじめ様々な古楽器を学ぶ。

グリム童話とビオラ、チェンバロ、フルート三重奏の集い♪in一圓屋敷

2013年12月31日 Posted in コンサート情報

20140104_taga_echo.jpg

地域創造事業・街角音楽会
グリム童話とビオラ、チェンバロ、フルート三重奏の集い♪in一圓屋敷
企画:エコーメモリアル・チェンバーオーケストラ彦根実行委員会

2014年1 月4 日(土) 10:30-12:00

参加料500円

演奏:エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラ メンバー

主催: 多賀クラブ
共催: NPO 法人 彦根景観フォーラム、滋賀大学社会連携センター
   滋賀県立大学地域共生センター
後援: 多賀町、多賀商工会、多賀観光協会

◆チラシデータ:20140104_taga_sato.pdf

『キャンドルと木管の調べ』 in スミス記念堂

2013年10月26日 Posted in コンサート情報

20131102_echo_in_smith_000.jpg

地域創造事業・街角音楽会
エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラ in スミス記念堂
『キャンドルと木管の調べ』

彦根キャンドルナイトのイベントに合わせて演奏会を「スミス記念堂」で開催いたします。
キャンドル点灯は17:00からの予定。
幻想的な空間の中で上質な音楽をお楽しみください。

11 月2 日(土) 18:30 開場 19:00 開演
入場無料(事前申込不要・先着50 名様)

演奏:木管二重奏・ 井伊亮子(フルート)、藤原博司(オーボエ)

主催: エコーメモリアル・チェンバーオーケストラ彦根実行委員会
共催: 彦根キャンドルナイト実行委員会・NPO 法人 スミス会議
問い合わせ先: 米田 090-3265-5944

◆チラシデータ:Echo_in_Candle_Night2013.pdf

【ご注意】
会場に駐車場はありません
市営駐車場をご利用ください

  
より大きな地図で スミス記念堂 を表示

 

REGISTER TRIO レジスター・トリオ VIOLIN+CLARINET+PIANO

2013年10月26日 Posted in コンサート情報

20130926_register_000.jpg

大阪公演
2013年12月08日 18:00開演(17:30開場) ドルチェ・アーティスト・サロン大阪
東京公演
2013年12月09日 19:00開演(18:30開場) 新宿文化センター小ホール

高岸卓人 ヴァイオリン
東紗衣 クラリネット
小塩真愛 ピアノ

プーランク:城への招待
プーランク:15の即興曲より
ピアソラ:タンゴ・エチュードより
ブルッフ:8つの小品より
ストラヴィンスキー:3つの小品
バルトーク:コントラスツ

東京芸術大学にて共に室内楽を学ぶメンバーと演奏会を行います。ヴァイオリン、クラリネット、ピアノという編成は珍しいですが、3人とも大活躍します。また一人ずつソロも演奏し、私はお気に入りの作曲家、ピアソラの作品を弾きます。(高岸)

9/21(土) 彦根若手音楽家の演奏会 Vol.2

2013年9月23日 Posted in コンサート情報
20130921_smith_006.jpg彦根城近くのスミス記念堂で開かれた「彦根若手音楽家の演奏会 Vol.2」は予想以上のお客様にご来場いただき、ホールに入りきれずに立ち見も出るほどで、大成功に終わりました。 晴天に恵まれ、スタッフやサポーターはホールの外での鑑賞でしたが、それも苦にならず、お越しいただいたお客様の笑顔に演奏家、スタッフともども元気をいただきました。 みなさま、どうもありがとうございました。 【Webアルバム】
【プログラム】 ◆モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏 変ロ長調 K.424 ヴァイオリン・足木かよ ヴィオラ・田中瑤子 1.Adagio-Allegro 2.Andante cantabile 3.Thema con variazioni ◆J.S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番ハ長調 BWV1005 ヴァイオリン・高岸卓人 1.Adagio 2.Fuga 3.Largo 4.Allegro assai ◆ドヴォルザーク:弦楽三重奏曲 ハ長調 Op.74 B.148 ヴァイオリン・足木かよ、高岸卓人 ヴィオラ・田中瑤子 1.Introduzione 2.Larghetto 3.Scherzo, vivace 4.Thema con variozioni

演奏会:故郷から世界へ響け /滋賀- 毎日jp(毎日新聞)

2013年9月 8日 Posted in コンサート情報
20130907_young_echo.jpg
彦根市出身の20代の若手音楽家3人による演奏会が21日、同市本町3のスミス記念堂で開かれる。3人は「歴史的建造物で演奏を楽しみ、優雅な気分に浸ってほしい」と意気込んでいる。  愛知県立芸大卒後に同大学院博士前期課程を修了し、音楽家活動と後進育成活動をしている足木かよさん(24)▽東京芸大大学院修士課程に在学中の高岸卓人さん(22)▽同志社女子大卒後、ドイツ・フランクフルト音楽・舞台芸術大に在学中の田中瑶子さん(25)−−の3人。足木さんと高岸さんがバイオリン、田中さんがビオラを演奏する。
9/7(土)の毎日新聞朝刊、滋賀版に掲載いただきました。 スミス記念堂に立ち寄ったことがない方もぜひ。

8/24(土)図書館ロビーコンサート

2013年8月24日 Posted in コンサート情報
20130824_echo-memorial_031_R.jpg空模様が少し怪しく、地蔵盆とも重なったためか、思っていたよりも少し少なめのお客様でしたが、定刻になると用意した椅子もほぼ埋まって一安心でした。 昨年は「はらぺこあおむし」の朗読と演奏のコラボが好評でしたが、今年はシンデレラの紙芝居と弦楽のコラボ。 紙芝居の合間に、シーンに合わせた曲を演奏していくのですが、これが絶妙のマッチングで紙芝居と弦楽の両方の魅力が最大限に引き出されており、ちょっと感動しました。 小さな子どもさんが身を乗り出して紙芝居に引きこまれていたのが印象的です。 こういうイベントはあまり例が無いと思いますが、また機会があれば続けていきたいですね。 【Webアルバムはこちら】

3/9(土) 2013定期演奏会 in エコーホール

2013年3月10日 Posted in コンサート情報
20130309_echo_052_R.jpg ひこね市文化プラザエコーホールでの定期演奏会は、満席に近いお客様のご来場を賜り、滞り無く終了しました。 ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。 演奏者、スタッフのみなさんもお疲れさまでした。 来年は既に 3/15 に開催することが決まっておりますので、よりいっそうの盛り上がりとなりますよう、よろしくお願いいたします。 【Webアルバム】 20130309_echo_013_R.jpgオープニングに先立ち、いっぱいのお客様に囲まれながらロビーコンサート。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの演奏を楽しんでいただきました。 【シューベルト: 弦楽三重奏曲第1番 変ロ長調 D.471 より第1楽章】
20130309_echo_023_R.jpg コンサートの演目は、以下のとおりです。 普段あまりクラシック音楽とは縁の薄いスタッフにも、整然と揃った演奏の素晴らしさは十分伝わってくるものがありました。お客様にもご満足いただけたのではないかと思います。 【グリーグ: 組曲「ホルベアの時代から」作品40】 【モーツァルト: ディヴェルティメント第11番 ニ長調 K.251】 ~ 休憩 ~ 【シューベルト: 交響曲第5番 変ロ長調 D.485】 アンコール: 【グリーグ: 組曲「ホルベアの時代から」】 20130309_echo028_R.jpg演奏終了後は、ロビーで演奏家とお客様の交流会が開かれました。 オープンな雰囲気の中で演奏家を囲んでいくつもの輪ができ、あちらこちらで話が弾んでいたようです。また、写真のように、記念写真を撮る様子もそこかしこで見られ、終始なごやかな交流会となりました。身近な地元のオーケストラとして市民の方々に喜んでいただける有意義な時間を過ごせたのではないでしょうか。 20130309_echo032_R.jpg演奏家、スタッフでの集合写真で中締め。 みなさん、達成感と充実感でいっぱいの明るい笑顔が印象的でした。 20130309_echo033_R.jpg片付けが終わった後、控え室をお借りして演奏家、スタッフでささやかな茶話会で打ち上げ。 JuJuさんのケーキも用意され、最後まで女性中心のスタッフの抜かりのない演出と気配りでとても心地よい打ち上げとなりました。 20130309_echo039_R.jpg最後は演奏家、スタッフの自己紹介。 この演奏会に関わるようになった経緯や演奏会への思い、今後の抱負などを楽しく語り合い、笑いが絶えません。これからますます縁を深めながら、彦根を音楽で盛り上げていきたいという思いがひとつになりました。 来年に向けて新たなスタートを切ることになる実行委員会ですが、年間を通した活動ができるよう、がんばっていきたいと思います。

3/2(土) プレコンサートは盛況でした

2013年3月 3日 Posted in コンサート情報
20130302_echo_smith00.jpg スミス記念堂でのプレコンサートは、たくさんのお客様にお越しいただき、ほぼ満席となり盛況のうちに開催できました。ご来場いただいたみなさま、スタッフ、関係者のみなさま、どうもありがとうございました。 彦根の宮大工によって建造された和洋折衷の礼拝堂が醸し出す雰囲気が演奏曲とぴったりマッチし、その場の演奏者、聴衆の方々、建物、楽器、全てが調和したとても心地よい空間ができあがっていました。 【Webアルバム】 20130302_echo_smith01.jpg 【プログラム】 <第一部> ◆バッハ作曲   主よ人の望みの喜び ◆プレイエル作曲   二重奏曲 ◆テレマン作曲   カノン・ソナタ ◆コレルリ作曲   ラ・フォリア ◆バッハ作曲   ヴィオラ・ダカンバとチェンバロのためのソナタ第3番より ~休憩~ <第二部> ◆ヴィヴァルディ作曲   調和の霊感 第11番 op3-no11 ◆テレマン作曲   ヴィオラ協奏曲 【演奏】 ヴァイオリン: 福田みどり ヴァイオリン: 三谷美由紀 ヴィオラ  : 田中瑤子 チェンバロ : 若林嘉代子
昭和6年、日本聖公会彦根聖愛教会の牧師で彦根高商の英語教師でもあったパーシー・アルメリン・スミス氏が両親を記念し、大工宮川庄助氏と協力して城町の堀端に建設しました。外観は寺社建築を模しながら、梁や扉には葡萄や十字といったキリスト教の文様が刻まれた独特の和風教会堂として貴重な建築です。 1996年の道路拡幅工事で解体後、市民や滋賀大関係者たちでつくるスミス会議が建物を譲り受け、この度、平成19年3月25日に竣工式が行われました。
20130302_echo_smith000.jpg礼拝堂正面から外を見ると、借景となる彦根城天守が眼前に。 桜の季節には一級の撮影ポイントですね。 礼拝堂の細部の意匠はキリスト教文化と日本文化が絶妙に融合され、独特の雰囲気が。 このような貴重な建物を遺していただいたスミス会議の関係者の方々、ご尽力いただいた市民の方々に感謝したいと思います。 20130302_echo_smith001.jpg20130302_echo_smith002.jpg20130302_echo_smith003.jpg20130302_echo_smith004.jpg20130302_echo_smith005.jpg20130302_echo_smith006.jpg

3/2(土) 定期演奏会プレコンサート in スミス記念堂

2013年2月17日 Posted in コンサート情報

より大きな地図で スミス記念堂 を表示 【日時・場所】 2013年3月2日(土) スミス記念堂 13:30 開場、14:00開演 入場料 500円 翌週の定期演奏会の前に彦根城近くのスミス記念堂で一足早く麗しの音色をお届けすべくプレコンサートを開催いたします。ヴァイオリン 2本、ヴィオラ、チェンバロの小編成ながら聴き応えのある演奏をお楽しみください。 ぜひ、お友達お誘い合わせの上、ご参加ください。 駐車場は、京橋の市営駐車場(有料)をご利用ください。 (上記地図参照) 申し込み・問い合わせ先:  川崎 090-4287-7738

天究館ニューイヤーコンサート2013

2013年1月 6日 Posted in コンサート情報
20130106_echo_newyear007_R.jpg 【Webアルバム】 今年初のエコーメモリアル・チェンバー・オーケストラの演奏会は多賀のダイニックアストロパーク天究館でのニューイヤーコンサート。 会場に椅子の追加が必要なほどたくさんの方がお見えになり、素晴らしいコンサートになりました。 演奏もとても聴きごたえがあり、聴衆のみなさんも演奏のレベルの高さに驚かれながら、大変満足された様子でした。 20130106_echo_newyear004_R.jpg 第二部はバイオリンとピアノによる「シューベルト幻想曲 D934」 演奏前にバイオリンの高岸さんから曲の解説があり、とてもわかりやすく演奏を聴くことができました。難しい曲をわかりやすく聴かせるというのは、実はとても大変なことなんでしょうね。 3月8日は大津で、3月9日はひこね市文化プラザで定期演奏会が予定されています。お近くの方はぜひ足をお運びください。 詳しい情報は、またこちらでお知らせいたします。

彦根市立図書館ロビーコンサート

2012年9月 1日 Posted in コンサート情報
2012_mainichi_echo_robby_concert001_R.jpg 8月31日の毎日新聞で彦根市立図書館でのロビーコンサートの模様を紹介していただきました。
 この日は、メンバー4人がバイオリン、ビオラ、キーボードなどでモーツァルトやヘンデルの6曲を演奏。訪れた人たちは館内に響き渡る音色に浸り、「癒やしのひと時だった」と話していた。  絵本「はらぺこあおむし」を朗読しながら、物語のイメージに合わせて演奏するという図書館ならではのコラボレーションもあり、子どもたちは大きな拍手をするなど大喜びだった。【松井圀夫】

15周年 彦根公演 ひこね市文化プラザ・エコーホール

2012年3月18日 Posted in コンサート情報
P1020372.JPG 2012/3/17(土)、ひこね市文化プラザエコーホールでの15周年公演の模様です。 【Webアルバムはこちら】 当日は、エコーホールの座席数を若干上回るほどの超満員。 正直、7-8割入れば成功と思っていましたが、嬉しい誤算でした。 ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございました。