【レポート】グリム童話とビオラ、チェンバロ、フルート三重奏の集い♪in一圓屋敷

2014年1月 6日 Posted in コンサート情報
20140104_taga000.jpg 【Webアルバム】 お正月の午前中で何かとお忙しい時にもかかわらず、たくさんの方が多賀里の駅に集まって下さり、会場は満席。 グリム童話の語りとヴィオラ、チェンバロ、フルート三重奏によるバロック音楽のコラボがそれぞれの良さを引き出して、山あいの古民家の畳の上という西洋音楽とはおよそミスマッチな場に、とても心地よい空間ができ、ゆっくりとした時間の流れを感じることができました。 プログラム終了後は、お越しいただいた方々に地元の産品を使ったおかゆや善哉が振る舞われ、身も心も暖かくなってお帰りいただきました。

【プログラム】

J.Ch.Pepusch (1667-1757)
Triosnate e-moll -Adagio -Allegro
七羽のカラス(語り)
J.S.Bach (1685-1750)
Sonata for Viola da Gamba und Klavier D-dur BWV1028
J.B.de.Boismortier (1689-1755)
Suite G-dur Op.35-2 -Prelude -Bourree
賢いグレーテル(語り)
-Musette en Rondeau
G.P.Telemann (1681-1767)
Methodischesonate g-moll(e-moll) No.1 TWV41:g3 -Adagio -Vivace -Grave -Allegro
灰かぶり(語り)
J.M. Leclair (1697-1764)
Triosonate No.8 D-dur Op.2 -Adagio -Allegro

プロフィール

廣岡由紀子(トラベルソ・フルート)
京都市堀川音楽高校卒業後、渡独。モダンフルート科にてリヒャルト・シュトラウス音楽院、ミュンヘン国立音楽大学卒業。バロック・フルート科ではミュンヘン国立音楽大学を経てフランクフルト国立音楽・舞台芸術大学大学院卒業。
小林祐香(チェンバロ)
東近江市出身。滋賀県立石矢魔高校音楽科(ピアノ専攻)を卒業後、渡独。ライプツィヒ音楽大学ディプロム、マスター課程修了。チェンバロを長瀬貞子、エリック・L・ケリー、トビアス・シャーデ、ニコラス・パールに師事。
田中瑤子(バロック・ヴィオラ)
彦根市出身。県立河瀬高校、同志社女子大学音楽学科(ヴィオラ専攻)を卒業後、渡独。現在、フランクフルト国立音楽・舞台芸術大学大学院にてバロック・ヴィオラをはじめ様々な古楽器を学ぶ。

トラックバックURL:

コメントする